スポンサーサイト

    --–--–-- (--) --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    純マジェスペクター

    2015–07–30 (Thu) 23:51

    「ディメンション・オブ・カオス」で登場した、
    「相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない」
    プチ無敵の【マジェスペクター】を組んでみました。



    【HEROマジェスペクター】
    【魔術師マジェスペクター】
    【マドルチェマジェスペクター】
    【クラブレマジェスペクター】




    すでに派生デッキはいろいろありますが

    今回は【純マジェスペクター】にこだわってみました。










    最近流行りの【EMEm】にハイパーフルボッコにされたので
    【EMEm】に強い構築を考えてみました。







    レシピ
    20150730マジェスペクター





    軽く採用カードについて↓










    ●御前試合

    ●昇天の剛角笛

    ●増殖するG

    ●超融合


    【EMEm】メタです。

    P召喚の無効化でメインフェイズ2に入るという事は
    ほぼ確実にそのターンは凌げている「昇天の剛角笛」

    後撃ちでも強い「超融合」「御前試合」

    相手の展開を止めるゴキブリさん
    『ヴェーラー』『うさぎ』と比較するとケアされにくく、
    使用体感ですが一番自分が生き残りやすいのはゴキブリです(ような気がします)。


    特に「御前試合」が特に拘束力が強く、
    メインから「サイクロン」が飛んでくる【EMEm】
    ほぼ皆無なので維持できたらほぼ勝ちです。


    ※ペンマジ+トリッカー=ダイヤウルフやジャグラー+クラウン=ビュートなど
    抜け道がないわけではありません。









    ・・・


    ・・・(°° )ちなみに


    【マジェスペクター】ミラーに遭遇するとコレらのカードはほぼ腐るので
    負けだから諦めます♪
      







    ●銀幕の鏡壁

    「マジェスペクター・テンペスト」警戒で相手が
    こちらのモンスターを戦闘で処理してメイン2で展開するのを阻止用、

    相手の「マジェスペクター・ユニコーン」処理用、

    として使います。

    そもそも『マジェスペクター魔法・罠』を使用するために
    低ステータスをどうしても、さらけ出してしまうので
    戦闘サポートが欲しくなります。

    このカードなら『ミラー』でも有効に働いてくれます。











    ●テラ・フォーミングは?

    【EMEm】相手でダブった試合はだいたい負けてます。
    いくら強力なフィールド魔法カードあっても場におけるのは1枚です。

    環境や自分の好みとの相談カードです。
    採用事態は全然OKです。(°▽°)












    以上【純マジェスペクター】でした。














    ●オマケ




    20150730マジェスペクター2

    丸い構築を目指した【フュージョンマジェスペクター】

    「電光雪花」「アボイド・ドラゴン」「揺れる眼差し」など
    【マジェスペクター】にとって
    苦手なカード軍を意識した(ような気がする)構築です。



    スポンサーサイト

    ますく

    2015–07–29 (Wed) 15:32

    今日は風邪とマスクの話。


    20150729ますく2


    風邪が全然治りません。


    CSが終わったあと私は当たり前のように風邪をコホコホ?しているので

    CS会場にいる者は私に対する信仰と自負は歴史上の偉人や聖人と

    同様に揺るぎないものとして扱ってほしいものです。


    おそらく私に敵対意識を持つ者が何らかの理由があり愚行を走ったものと考えられます。




    よって九腸寸断
    (きゅうちょうすんだん)の思いで

    『マスク』を常備するようになりました。








    20150729ますく


    ●マスク効果

    呼吸の際に外部からの

    「埃」「塵」「花粉」「他者の臭い息」などを防ぐ用途に用いたり

    『風邪』『インフルエンザ』の感染者の嚔(くしゃみ)や咳などで

    ウイルスや他者の臭い何かを含んだ分泌物を

    外部に広く撒き散らしにくくする効果があり、

    お金をケチって「マスク」を買う金がない、

    とある人物にうつすなどの理由などがない場合、

    他人に伝染させない為、感染拡大を防ぐ為にマスクを着用する事が求められています。





    どこかの大学によれば

    発症率は非着用者に比べてマスク着用者で約80%発症率が低い

    ということが明らかになっているそうです。








    ・・・発症する人は発症するという事実は残ってはいます(°°)愚かものめ










    ●風邪がうつる根拠

    「お前(貴様)の風邪がうつった!!」という話をたまに耳にします。

    風邪がうつったという根拠はどこから来るのでしょうか?

    あなたはそんな疑問に立ち向かったことはありませんか?(°Д°)









    私はありません。




    風邪になった人もなられちゃった人も結局のところ、    なられちゃった人(°°)?

    自己管理という有り難く、物は言いようという便利な言葉がついてきます。



    とりあえず「風邪がうつされた」など、

    ほざいたチンプイ野郎には「自己管理ができてない」と言ってあげると

    ステキにストレスを与えることができると思います。

    私自身、「自己管理ができてない」は鈍感かつ傲慢な論理だと思います。





    「風邪ウイルス」「インフルエンザウイルス」

    ウイルス単体での空気感染では感染はしない。

    唾などの体液に含まれたウイルスによる『飛沫感染』によって

    感染が広がるものとされています。







    やっぱり(°ヘ°)マスクを着用する事により

    外から「風邪」の進入、感染を効果的に阻止できるようです。

    イグナイト+オッドアイズ・フュージョン

    2015–07–27 (Mon) 01:23
    「ディメンション・オブ・カオス」により、
    種類も増えたことで安定性があがった(多分)
    【イグナイト】を組んでみようと思いました。




    20150726イグナイト

    ※残りエクストラが考え中。



    ちょうどよくスケール7集合体が揃っているので
    強耐性と除去能力を備えた「マジェスペクター・ユニコーン」

    さらに「オッドアイズ・フュージョン」も採用してみました。





    20150726イグナイト3
    通常魔法
    「オッドアイズ・フュージョン」は1ターンに1枚しか発動できない。
    (1):自分の手札・フィールドから、
    ドラゴン族の融合モンスターカードによって決められた融合素材カードを墓地へ送り、
    その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
    相手フィールドにモンスターが2体以上存在し、
    自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
    自分のエクストラデッキの「オッドアイズ」モンスターも
    2体まで融合素材とする事ができる。





    大体「オッドアイズ・フュージョン」で呼びにかかるのは
    「オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン」ですが

    ペンデュラムテーマが流行るこの環境でコヤツ1体だけはどうしようもなく
    選択肢に幅をきかせ、
    罠が減ったこの環境こそ処理されにくい「始祖竜ワイアーム」
    オマケ程度で出せるエンドカード「波動竜騎士 ドラゴエクィテス」
    に出番の機会を与えました。


    20150726イグナイト2


    最近、
    増え始めた【EMEm】(クラウンブレードEM)相手に
    「始祖竜ワイアーム」が特に強く、
    金玉(ラーの翼神竜-球体型)でも処理された
    「励輝士 ヴェルズビュート」「爆竜剣士イグニスターP」「重機王ドボク・ザーク」でさえ
    処理不可能と、相手によっては詰みまでもっていけるのが魅力です。



    久方ぶりの黄色文字・・・。









    ●余談

    20150726イグナイト4
    速攻魔法
    「イグナイト・リロード」は1ターンに1枚しか発動できない。
    (1):手札のPモンスターを任意の数だけ相手に見せ、
    デッキに戻してシャッフルする。
    その後、自分はデッキに戻した数+1枚をデッキからドローする。
    このカードの発動後、ターン終了時まで自分はカードの効果でドローできない。





    上記のレシピでは「イグナイト・リロード」を採用していますが
    恐らくいりません。


    手札に溜まった「イグナイト」を破壊&サーチで
    即刻エクストラデッキに送り込みつつデッキ圧縮するのが基本なので
    展開後には打てなかったりと
    微妙なところです。

    あくまで初動『フュージョン』『ユニコーン』を引くためのものとして考えます。




    風邪や(°°)

    2015–07–27 (Mon) 00:08




    夏の訪れを謳歌するような蝉時雨の季節、

    皆様はいかがお過ごしでしょうか。


    °()°





    20150726猛毒



    現在、私は毎年だか毎月だかのワクテカ恒例の風邪です。

    喉が痛い、鼻水がぐわー、咳が出るといった、

    世間一般的に言われる風邪です。







    ●そもそも何をもって風邪と定義する?

    風邪とは\(^▽^)ノ

    主にウイルスの感染による上気道
    (じょうきどう)の炎症性の疾病に掛かった状態であり、
    「咳嗽」「咽頭痛」「鼻汁」「鼻づまり」など局部症状(カタル症状ともいう)、
    「発熱」「倦怠感」「頭痛」など全身症状が出現した状態のことです(°ω°)。



    咳嗽(がいそう)=要するに咳。難しい言葉にしただけ。おろかもの(°▽°)
    上気道(じょうきどう)=鼻や喉らへんを指す(^^)

    201507262上気道

    20150726上気道

    最初ペイントで説明しようと思いましたが
    あまりにも美しい画力のために見本をそのまま貼り付け。





    全身症状がときたま強くなり、時に重症化することもあり、
    消化管のウイルス感染によって「嘔吐」「下痢」「腹痛」などの症状も現れたりします。







    以上のことから私は立派な風邪です。










    「東洋医学」「西洋医学」でも一般に、
    安静にして睡眠をしっかりとることは風邪の治癒に良いとされています。


    知っとるわボケ。









    おわり。





    ③千歳CSいってきました。(魔法・罠解説的なもの)

    2015–07–26 (Sun) 23:39

    少し日が経ち、前回の続きです。

    これで最後です。




    ●ハーピィの羽根箒
    ●ペンデュラム・コール
    ●揺れる眼差し


    省略。






    ●ディメンション・マジック

    Pカードを貼らずに高打点モンスターを特殊召喚できます。
    破壊効果まで選択すると「激流葬」などの召喚反応系のタイミングをなくします。

    効果解決後に対象のモンスターがいないと不発になりますが
    「マジェスペクター・ラクーン」に対して発動すると
    強耐性により安心して『ユニコーン』を出せるのが一番強く感じます。






    ●神の宣告
    ●神の警告


    ペンデュラムテーマが流行った昨今の環境では
    相手を選ばずに撃てる有効な罠が限られるようになり
    召喚無効罠が注目されるようになりました。

    採用されるならこのあたりかと。

    【マジェスペクター】相手だと大体ノータイムで発動します。








    ●狡猾の落とし穴

    先攻後攻を選ばず一番強く感じた罠です。
    「フレシアの蟲惑魔」により
    レベル4×2でフリー除去に変わり、
    使い勝手が抜群によくなったかと思います。








    ●奈落の落とし穴

    使って一番弱く感じたカードです。
    こちらの「マジェスペクター・ユニコーン」を超えられないように
    となりに「フレシアの蟲惑魔」を並べてターンを返すために採用しました。
    『プトレ+ユニコーンの布陣』だと、
    高ステータスペンデュラムモンスターを複数体、並べられるだけで
    解決されるので申し訳程度に採用しましたが、
    よっぽど追い詰めた状況じゃない限り
    強く撃てる場面は少なく、素引きデメリットがどのカードよりも
    高いので特に必要もなかったです。







    ●強制脱出装置
    ●激流葬
    ●サイクロン
    ●ブラック・ホール


    ほぼ【HERO】専用サイドカードみたいなものです。
    『魔術師』『EM』『Em』『マジェスペクター』の個々のパワーが高いので
    専用サイド枠はその他、設けず
    【HERO】+その他のデッキにインできるカードを選択しました。









    終わり・・・。


    思ったより短くなりました。

    (°°)


    特に解説もなにもいらなかったのでは?

    (°°)ふぅん

    ②千歳CSいってきました。(モンスター解説的なもの)

    2015–07–22 (Wed) 21:19
    ●EMドクロバットジョーカー
    ●EMペンデュラム・マジシャン
    ●慧眼の魔術師
    ●竜穴の魔術師
    ●賤竜の魔術師
    ●相克の魔術師


    上3種は3枚確定でその他は
    何を見るか着地点で枚数が変動するかと思います。
    プレイヤーのお好みで。







    ●竜脈の魔術師

    不採用の人もいますが確定1枚は欲しいです。
    【マジェスペクター】相手で下級『マジェスペクター』全て
    殴れる1800ラインが重宝します。
    リリースモンスターがいなくなったところで
    メインフェイズ2で展開するために
    「ペンデュラム・コール」でサーチしたい場面も多くなってきました。

    『M・HERO ダークロウ』などの処理はオマケ程度の考えです。






    ●マジェスペクター・ラクーン
    ●マジェスペクター・ユニコーン


    強耐性と除去能力のおかげで『ユニコーン』が出せるか出せないかで
    勝率が変わるカードです。(少し言いすぎな気もしますが)
    「EMドクロバットジョーカー」をバウンスして再利用、
    『ユニコーン』自身対象に戻した後に「ディメンションマジック」で再特殊、
    など何をしても強いインチキカードです。

    逆に相手した場合、
    「賤竜の魔術師」「相克の魔術師」などで何をバウンスされてもいいように
    『ユニコーン』を倒せるモンスターを
    相手より多く出して物量作戦が丸いと思います。

    やむ得ずエクシーズ召喚する場合は
    『ヴェルズビュート』で相手のPカードの処理や、
    「星守の騎士 プトレマイオス」(素材が3で攻撃表示)+「Emミラーコンダクター」
    で突破しにいきます。

    「マジェスペクター・ラクーン」はただの『ユニコーン』サーチ用です。
    「EMドクロバットジョーカー」「EMペンデュラム・マジシャン」
    あると召喚権を使用してしまうことが多く、
    またダブりが怖かったので枚数も2枚に抑えてます。






    ●Emダメージジャグラー
    ●Emトリック・クラウン
    ●Emハット・トリッカー
    ●Emヒグルミ
    ●H・C サウザンド・ブレード


    ペンデュラムが出きない状況がやはり出てきます。
    その為、その他のギミックが欲しいので『Em』要素を強く取り入れたつもりです。

    ランク4エクシーズのラッシュを嫌がらないデッキはそうそうなく、
    相手の「揺れる眼差し」をケアでき、
    『ショックルーラー』を処理してくれる『Em』が使いやすいです。

    サイドに『ショックルーラー』負けをなくすために
    1枚「Emハット・トリッカー」を忍ばせています。
    3枚でもいいくらいです。

    「Emダメージジャグラー」が墓地にあるだけで
    スケール3と5の確保に迎えるのもマル。

    「Emヒグルミ」
    Pゾーン、墓地、フィールド、エクストラとどこにあっても
    機能するので延命や返し手段として最適です。







    ●Emミラーコンダクター

    【魔術師】ミラーの「フレシアの蟲惑魔」を単体で処理できる、
    「竜穴の魔術師」「星守の騎士 プトレマイオス」をアタッカー変換、
    『リリーサークラウソラス』の守備力ダウン、
    「Emダメージジャグラー」でスケール確保、
    墓地の「H・C サウザンド・ブレード」の蘇生、
    と、こと細かい仕事をしてくれます。

    使用頻度は多くありませんがCS中、
    このカードのおかげで勝った試合があったので採用して良かったですが
    「竜脈の魔術師」同様素引きしたいカードではないので
    不採用でもいいと思います。

    デッキ枚数が42なのも
    素引きしたくないカードが複数あるというのも理由です。







    ●ラーの翼神竜-球体形

    サイドの「隠し玉」
    先攻が有利なこの環境化で後攻でまくるために
    『ショック・ユニコーン・ダークロウ・プトレ・インフィニティ・巨神鳥』
    退かす手段を必ず用意しなければなりません。

    魔法・罠で対処できれば万々歳ですが
    大抵は各々のエクストラデッキのモンスターに頼ることが多くなり
    ここに
    「神の宣告」「神の警告」「マジェスペクター・テンペスト」
    「方舟の選別」「昇天の角笛」「昇天の剛角笛」

    と合わせられるとほぼ負けに繋がります。

    それを防ぐためには
    「サタンクロース」「ヴォルカニック・クイーン」「溶岩魔神ラヴァゴーレム」などの
    相手モンスターを喰えるカードが一番ラクで
    カードの消費も抑えてくれます。

    その中でこの『金玉』
    自身をリリースして出すことも可能で強耐性により
    負けづらくなるのが魅力です。

    昨今のカードでこの『金玉』を処理するカードは
    「激流葬」「ブラック・ホール」「励輝士 ヴェルズビュート」
    「爆竜剣士イグニスターP」「重機王ドボク・ザーク」
    など
    かなり限定的で相手リリースだとほぼ勝利に導いてくれます。







    ③につづく(°°)

    ①千歳CSいってきました。(結果)

    2015–07–21 (Tue) 19:33

    第二回千歳CSいってきました。
    (3人1組のチーム戦です。)



    A:クラッド
    B:アカパンダ
    C:みる駆(俺)



    使用:【マジェスペクター魔術師クラウンブレード】
    (名前長い)








    ●予選

    1戦目:【HERO】×〇〇
    2戦目:【クラブレ魔術師】〇〇
    3戦目:【HERO】×〇〇
    4戦目:【海皇】〇〇

    チーム4-0で予選通過
    (上位2チームシード)



    ●トーナメント

    シード
    2戦目【影霊衣】×〇〇







    ここでチーム負けてベスト8。

    (°°)にょーん





    レシピ↓

    20150721メイン



    次に解説でも

    ②につづく

    ぬーん

    2015–07–18 (Sat) 23:25

    しばらくぶりです。

    CSの調整のため更新が著しく申し訳ありません。



    明日おわったら書きたいこと書ければなー

    と思います。

    そういえば七夕

    2015–07–10 (Fri) 03:25

    海山の恋しいこの頃

    皆様はいかがお過ごしでしょうか。





    19日にCSを控え、

    かつ18日に発売される新段の使用可なので

    構築でお悩み中。

    (早く全リスト判明しやがれッテレテレラ)










    ●そういえば七夕

    3日前の話ですが皆様はいかがお過ごしだったしょう?(2回目?疑問形?)



    私はADSと仕事で特にいつもと変わらずでした。




    ●七夕って?


    一般的には「七夕」(カタカナで書くと『タナバタ』)

    として認識されている日ですね。



    全国的(主に日本、とうか日本のみ?)には

    短冊に叶いもしない『願い事』を書き、

    『葉竹』に飾ることが一般的に行われているようです。
    (ちなみに過去に一度足りともやったことありません)
    (もしかしたら忘れてるだけ?)


    たんざく20150710

    ひろいもの。
    『短冊』と検索したら真っ先に出てきた。




    『短冊』などを笹に飾る風習は、

    夏越の大祓(おおはらい)に設置される茅の輪の両脇の笹竹に因んで
    (わからない人はグリーン色したでっかい輪っかをイメージして下さい。)

    江戸時代から始まったもので日本以外では見られないそうです。

    (やっぱり日本だけじゃねーか(°°))





    一部では

    日本の資本家が消費者を欺くために制定したといってよいという声があるそうです。










    YP(遊戯王プレイヤー)にとっては結局、遊戯デーになります。

    (°°)なむー

    魔術師シャドール

    2015–07–02 (Thu) 23:32

    暑さ厳しき折、一雨欲しい今日この頃

    皆様はいかがお過ごしでしょうか(°°)






    (°●~







    ●魔術師シャドール

    【アーティファクト】【EM(エンタメイト)】

    【クラウンブレード】【HERO】【インフェルニティ】


    様々な派生・混同デッキと形をかえ、

    今ではトップシェアとなった?【魔術師】ですが

    【シャドール】と混ぜてみました。



    20150702魔術師シャドール



    相変わらず「星輝士 セイクリッド・ダイヤ」が苦手ですが

    「エルシャドール・ミドラーシュ」の制圧により【HERO】【海皇】との対抗。

    【魔術師】ミラーでデッキのモンスターを融合素材にしやすくなった「影衣融合」

    「No.16 色の支配者ショック・ルーラー」を処理する「シャドール・ドラゴン」「シャドール・リザード」


    これらが狙いです。










    ●実際の場面、懸念材料

    「霞の谷の巨神鳥」・『アーティファクト』モンスター・「M・HERO ダーク・ロウ」の対策として(多分)
    採用が増えてきた「デモンズー・チェ-ン」「ブレイクスルー・スキル」
    『シャドール』に対して、ちゃっかり風評被害。

    「エルシャドール・ミドラーシュ」に無効に合わせれて
    K・Oされた試合が少数ですが発生。

    また見ての有様でエクストラが大圧迫しています。

    ミラーに対して構築がバレると
    「賤竜の魔術師」で回収して、そのモンスターをペンデュラム召喚(「影衣融合」ケア)

    逆に「オッドアイズ・相克」2500シリーズが飛んでこないと
    「エルシャドール・ミドラーシュ」だけでポコポコ殴るだけで勝った試合も何本かありました。

    手札が「魔術師」「シャドール」どちらかに偏りができたとき
    融合なし、あるいはPゾーンに置くことがなく
    モンスターを通常召喚しなければならない状況が少し目立ちます。


    苦手な「魔封じの芳香」もとりあえず
    『ドラゴン・リザード』が融合素材になっていれば突破可能。

    「影衣融合」が一応の「M・HERO ダーク・ロウ」の処理に
    貢献できるのも良いです。













    (°°)おわり。














    ちなみに「影衣融合」は先月売りました。

    おろかものめ( ̄(エ) ̄)


     | HOME | 

    プロフィール

    ノーブルファー

    Author:ノーブルファー
    2016年5月2日に復帰
    遊戯王について書いていきます

    HN みる駆
    遊戯王プレイヤー

    ツイッター

    ※携帯で見ると文字が
    背景色によって見えづらいので
    PCで見ることを
    オススメします。

    最新記事

    最新コメント

    牛乳時計

    カテゴリ

    検索フォーム

    リンク

    月別アーカイブ

    全記事表示リンク

    スポンサードリンク

    フリーエリア